「面白い」を生み出し続ける謎法人!カヤックを解剖してみた。

僕もカヤックのなかまになりたいです。

f:id:hartwd06:20170428024336p:plain

何かと話題のカヤックについて、今回は見ていこう。 つい最近は、「1社だけの合同説明会」が行われるなど、常に 注目を浴びている企業であるが、「どんな事業が行われているの?」 と疑問に思っている人も多いのではないだろうか。

実際、かなりぶっ飛んだ企画が多く、

f:id:hartwd06:20170428040053p:plain

よく駅の広告で見る某予備校の広告ポスターをパクったり(この広告はボツになったみたいだが、なぜか出回っている)

f:id:hartwd06:20170428040212p:plain

退職者のリストを公開したりしている。

採用方法も面白いものがたくさんあり、就活生からも注目を浴びている。

f:id:hartwd06:20170428040412p:plain

これは、「ゲームの上手い人が採用される」採用方式だ。

公式のHPによるところ、面白法人カヤック

  1. まずは、自分たちが面白がろう。
  2. つぎに、周囲からも面白い人と言われよう。
  3. そして、誰かの人生を面白くしよう。

という3段階の「思い」があるそうだ。

カヤックのビジネスモデル

スマホゲーム、プラットフォーム事業、クライアントビジネス(アウトソーシング)の3本柱

f:id:hartwd06:20170428024326p:plain

f:id:hartwd06:20170428024330p:plain

このように、3つの柱が上手く連携しあっていることが分かる。 「面白さ」を追求しつつ、しっかりとビジネスとして成り立たせるところがすごい。

売上高・純利益推移

次に、カヤックの売上高・純利益の推移を見てみよう。

f:id:hartwd06:20170428024333p:plain

f:id:hartwd06:20170428024343p:plain

特に売り上げ規模が大きいのは、ゲームに関連する事業である。 カヤックは、DeNAのゲームの開発を受注することが多いのでDeNAからの売上の割合が 非常に多い。 このことからも「カヤックはゲームに強い」ということが言えるであろう。

競合との差別化は○○

競合は、データ通信企業が多い。

f:id:hartwd06:20170428033649p:plain

f:id:hartwd06:20170428033708p:plain

ゲーム事業は流行り廃りが激しい。常に新鮮さをユーザーに提供し続けなければ、 すぐに失速して別のものにとって変わられてしまう。

その中で勝つためには、カヤックにしか出すことができない「特別な価値」を提供することが できる立場を確立することが重要であると私は思う。 「面白さ」「ゲーム」の2軸を強みに、様々なユーザーの「面白さ」の よりどころとなるような(ライフサイクル内に入り込む)ビジネスが展開できれば今後も 人気が続くのではないか。

今後もカヤックから目が離せない。

f:id:hartwd06:20170428024322p:plain